理念
日本経済の基盤は第一次産業にあり。
私たちはその活性化こそが、
日本の「100年後の未来」と
「今」を結ぶことだと考えています。
“The primary industries are the foundation of the Japanese economy.
We believe that the revitalization of the foundation is what will form the "future" of Japan 100 years from now.”
使命
第一次産業に関わるあらゆる場面において、
すべての就業者の「今」と向き合い、
支え、共に成長してゆくことです。
“Our mission is to confront, support, and grow together
with all workers in all aspects of primary industry production.”
物語
YUIMEの物語は沖縄の青空にそびえ立つ一本の高い煙突から始まりました。
日本という国の存在意義と精神が農業に根付いていることに強く感銘を受け、農業を守る、日本を守るために農業支援事業への参入を決意しました。農業の慢性的な人材不足を解消することは容易いことではありません。私たちは日本人はもちろん外国人材の双方を雇用することで新しい道を切り開こうとしています。
2019年にはその業績が認められ、国家戦略特区の「特定機関」として認定を受け、その実績から特定技能でも農業分野への外国人派遣が可能となりました。また特定技能登録支援機関としても認定されました。
私たちは沖縄から全国へと広がった農業人材支援企業のパイオニア的存在として日本の第一次産業の必要性と可能性に真っ向から向き合い、支え、新たな1ページを切り拓いていきます。
YUIMEの物語は沖縄の青空にそびえ立つ一本の高い煙突から始まりました。
由来
社名には、日本の農業の歴史において縁が深く、私たちの農業支援事業の出発点でもある沖縄の言葉としても象徴的な「結(ゆい)」という言葉を採用しています。そして、日本の「100年後の未来」と「今」の『結び目=ゆいめ』になるという思いを込め、グローバルを視野に入れた活動をしていることからローマ字表記になっています。また、日本らしさを意識したコーポレートロゴには日本の伝統的なシンボルをモチーフに、水引きで表現された「ゆいめ」を配置しています。