2022.06.09
お知らせ
「JAL」と「ANAあきんど」が『農業の魅力発信コンソーシアム』に新規参画
『農業の魅力発信コンソーシアム』は、農林水産省補助事業を活用して、活躍する農業者を通した「職業としての農業」の魅力を発信することを目的とした民間企業9社が集結したコンソーシアムです。

本コンソーシアムの参画企業に、農業バイトと旅を掛け合わせたマッチングサイト『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび、産直通販サイト『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン、移住雑誌『TURNS』を発行する株式会社第一プログレス、『マイナビ学生の窓口』・『マイナビ農業』等を運営する株式会社マイナビ、総合PR会社の株式会社フルハウス、農業学校『アグリイノベーション大学校』等を運営する株式会社マイファーム、一次産業の課題解決プラットフォーム『YUIME Japan』等を運営するYUIME株式会社に加え、今回、日頃から様々な地方創生事業に取り組む日本航空株式会社とANAあきんど株式会社の新規参画が決定致しました。

2022年2月の発足から、学生がロールモデル農業者の元で農業の仕事経験を積む「食べチョクおてつたび」や、ロールモデル農業者から新規就農を考える方々への具体的な就農時のエピソードやその歩みを伝える参加型オンラインイベント「AGLIVE DAY」を実施。
参画企業の情報連携により、すでに100名以上のロールモデル農業者を選出、独自取材を行い、それぞれのロールモデル農業者の考える「農業の魅力」と共にホームページに随時ご紹介しています。


コンソーシアムの概要
正式名称:農業の魅力発信コンソーシアム
参画企業:ANAあきんど株式会社
     株式会社おてつたび
     株式会社第一プログレス(移住情報誌「TURNS」)
     日本航空株式会社
     株式会社ビビッドガーデン(産直通販サイト「食べチョク」)
     株式会社フルハウス
     株式会社マイナビ(「マイナビ学生の窓口」「マイナビ農業」)
     株式会社マイファーム
     YUIME株式会社(情報サイト「YUIME Japan」) (企業名50音順)
事務局 :YUIME株式会社
活動内容:・若者にとってのロールモデルとなる農業者の情報発信
     ・職業としての農業の魅力を知るきっかけとなるイベントの実施
     ・メディアに向けたロールモデル農業者の情報提供と取材協力

https://yuime.jp/nmhconsortium/
一覧へ戻る